経営者が助かる事業者ローンのこと|困った時の為に知っておこう

メンズ

来店しなくても借りられる

スーツの男性

即日融資が可能なカードローンを使っている人が多くなっており、申込方法を把握しておくとスムーズに契約できます。即日で対応してくれると、急に資金が必要になったときに便利です。銀行口座に直接振り込んでもらえる金融業者もあります。

もっと読む

はじめての方はプロミス

貯金箱と電卓を持つ男性

プロミスは、入力が苦手な方向けにカンタン入力があります。入力項目は少なく、残りの詳細はプロミス審査担当者の電話で確認が行われます。また、はじめての方は30日間の無利息期間の適用を受けることができます。

もっと読む

経営者も使えるローン

ATM

目的に合わせて選べる

会社経営者や個人事業主が、事業資金の都合をつけたい場合は金融機関で提供する事業者ローンを利用することになります。ただし、銀行などの金融機関を利用する場合は審査通過に時間がかかると言われ、少額の融資には対応していないケースも見られます。そのため、急ぎで少額のローンを使いたいなら迅速な審査が行われ、事業用途にも使用できるローンを探すことになるでしょう。カードローンのように手軽に使用できるローンを探す事業者もいますが、使用用途は消費目的のみと限定しているケースが目立ちます。そこで、ビジネスユースに使用できる事業者ローンが便利です。事業資金としてローンを利用できて、なおかつスピーディーな対応が期待できるからです。

付加価値にも注目

事業者ローンを提供する金融機関や審判会社は数多くありますが、比較するポイントを考えてみましょう。まず、急にローン利用をしたい場合は審査結果が出るまでの時間が短いところが良いです。ただし、個別の事情によっては明記しているよりも時間がかかることもあります。融資の最少額と上限額、金利も重要な要素です。さらに、付加価値となるサービスが充実していると、使いやすい事業者ローンになります。経営者や個人事業主の中には、取引先の接待や出張の多い方がいます。そのようなときの提携サービスが付加されていると、コスト削減にもつながると言われています。大きな金額の融資を受ける場合と、急ぎで少額の融資を受けたい場合で事業者ローンを使い分けましょう。

総量規制で限度額が決まる

クレジットカード

カードローンには借入限度額があります。金融機関の中には高額な限度額を設定している所もあります。初めての利用者は30万から50万が一般的です。着実に返済を続けると自動的に限度額も引き上げられます。消費者金融は総量規制によって年収の3分の1が限度額になります。それ以上は規制のない銀行を利用します。

もっと読む