家を残すことより大切なその先にある生活を守ること

任意売却の必要性

祖父母と孫

住宅ローンの滞納は、お金を借りた債務者がルール違反をすることに違いありません。
そして、そのルール違反が起こった時には、大きな貸付を行っているがゆえに金融会社も厳しい回収を行います。その最たるものが、競売という方法です。
法的な正当性を持って住宅ローンの滞納者の住居を差し押さえて、購入希望者を募って売却して残った債務の返済にあてる方法が競売です。
この方法は、一見すると簡単に債務が終わるものと思うかもしれません。ですが、実際に競売によって家を売られた滞納者の未来は暗いことのほうが多いです。
その理由は、競売という手法における様々なデメリットによるところが大きいです。

ですが、ここで住宅ローンの滞納者が取ることができる選択には任意売却があります。
任意売却という手法を取ることによって、滞納者はまだまだ良い結果を引き出すことができます。明るい未来を残すために、競売を回避して任意売却に持っていけるようにすることはとても重要です。
その努力を行うことによって、いつ家を失うのかわからないという不安からも解放されて、未来を考えなおす時間を手にすることができます。

住宅ローンの滞納が起きた状況では、そのまま諦めないためにできることを行うべきです。
しかしながら、ここで消費者金融などに相談をすることは余力を縮める大きなリスクが生まれます。
一つの返済を行うためにお金をよそから借りることは、さらなる返済を生みます。返済が二重になるということは、翌月に必要な出費は単純に2倍です。
それは悪循環以外の何物でもないため、必ず滞納する前に金融会社に相談をすると同時に、返済がどう頑張っても難しければ任意売却を検討するほうが良いです。
持ち家における戦略的撤退として、任意売却を有効に活用すれば、家をじょうずに売り払って、何の問題もなく生活を守ることができます。

記事一覧

オペレーター

失うものは大きい

住宅ローンの滞納を行わずにそのまま放置してしまうと、失うものは大きいことに早急に気づくことが大切です。自分の人生だけでなく、家族の人生すらも左右しかねません。それが、競売で家を強制的に売られるリスクです。

» 詳細を確認する

マンション

守ることができた結果

住宅ローンの滞納を行ってしまっても、すぐに競売の恐怖がやってくるわけではありません。状況によって話は変わってきますが、滞納者が自分自身で住宅を売却できる任意売却を行うことによって、生活を守ることができた結果が生まれます。

» 詳細を確認する

家族

導入できる手法

住宅ローンの滞納度合いによって、任意売却を行った先の選択肢が山変化します。導入できる手法が様々に設定できるため、専門家の強力と指導が確実に必要です。金融会社との交渉も必要であるため、必ず専門家に相談するべきです。

» 詳細を確認する